-
北海道留萌市生まれ。北海道教育大学札幌分校特設音楽科にてフルートを専攻。小松昭五氏、森圭吾氏、西田直孝氏に師事。ヤマハ音楽振興会の奨学金を得る。札幌市新人音楽大賞受賞。日本演奏家連盟主催のコンサートにて札幌交響楽団と競演。その後ハイメスの奨学金(一位)を得て渡独。 ミュンヘンの国立音楽大学にてクラウス・ショホウ教授に師事、演奏家ディプロム所得。またミュンヘンのリヒャルト・シュトラウス音楽院にてフィリップ・ブックリー氏(バイエルン放送交響楽団首席)のもとで研鑽を積む。在学中ミュンヘン・ガスタイクの新人奨励賞を受賞。卒業後はフリーのフルーティストとして各地オーケストラ (ミュンヘン放送響、アウグスブルク交響楽団、アンサンブル・コントラステ、ニュルンベルク他)にて演奏。またソリストとしてミュンヘン・ユース・オーケストラと競演し、ヨーロッパ各国へ演奏旅行。ペーター=ルーカス・グラーフ氏、ロバート・エイトケン氏の講習会を受講。室内楽ではドイツ、インゴルシュタットに席をおくグルジア共和国室内オーケストラのメンバーと活動、その他ギタリストのベルント・メツラーとともに結成した「アルティス・デュオ」で2枚のCD発表している。 
古楽の分野では、フラウト・トラヴェルソをミュンヘンのリヒャルト・シュトラウス音楽院にてマリオン・トロイペル=フランク氏に師事。バルトルド・クイケン氏、マルチェロ・ガッティ氏の講習会を受講。バロックの室内楽を中心とするアンサンブル・バロッキンを主催。トラヴェルソ奏者としてバロック・オーケストラ「ラ・バンダ」に参加。みずから演奏するほかにもコンサートの企画・プロデュースなどにもあたっている。2013年10月よりアイヒシュテット大学非常勤講師。ドイツ、インゴルシュタット在住。  
Homepage
zur Verfügung gestellt
von Vistaprint